pattern h1

WEB予約 準備中
電話予約
WEB予約 準備中

予防ケア

予防ケアPREVENTION

予防ケア

固定式の矯正装置を装着している場合、歯のお手入れがしにくいため むし歯・歯周病リスクが高くなります。
そのため、郡山市の歯医者RYU矯正歯科クリニック郡山プレミアでは、矯正治療中のお口の健康を守るための予防ケアに力を入れています。
※矯正歯科治療は、公的医療保険適用外の自費(自由)診療となります。

矯正治療中の予防ケアの重要性

矯正治療中に予防ケアが重要である理由はいくつかあります。

装置が歯の汚れを引き寄せる
固定式の矯正装置を装着している場合、歯磨きがしづらいことから、むし歯や歯周病の原因となる食べ物の残りやプラークが付着しやすい環境になってしまいます。
そのため、特に丁寧な日々のお手入れが必要となります。

治療期間が長い
矯正治療は数ヶ月から数年かかることが一般的です。
長い治療期間中、口腔内の健康を保つことは、矯正治療の成功にもつながります。

自信を持って笑顔を見せるために
矯正治療中も治療後も、清潔で健康な口元は自信につながります。
予防ケアを徹底することで、美しい歯と美しい笑顔を手に入れることができます。

当院の予防ケア

歯磨き指導

▶歯磨き指導

お一人お一人の口腔状態に合わせた歯磨き方法をご指導いたします。
デンタルフロスや歯間ブラシ、歯磨き粉の選び方や使用方法についてもレクチャーさせていただいております。
正しい歯磨き技術で、むし歯・歯周病のリスクを減少させます。

プロフェッショナルクリーニング

▶プロフェッショナルクリーニング

ご自宅では落とし切れない歯石や汚れをクリニックでしっかりと除去し、歯と歯ぐきの健康を保ち、矯正治療中のトラブルを未然に防ぎます。

フッ素塗布

▶フッ素塗布

歯質を強化し、むし歯を予防するフッ素を塗布します。
フッ素の効果は永久的ではありません。
3~6ヶ月に1度はフッ素塗布を行うとよいでしょう。

定期歯科検診

▶定期歯科検診

定期的に歯科検診を受診していただくことによって、歯のトラブルを早期に発見・治療できます。
矯正治療後も、3~6ヶ月に1度は、歯科検診を受診し、口腔内のチェックとお口の中のクリーニングを受けるようにしましょう。

ご自宅での予防ケア

矯正治療中のむし歯や歯周病を防ぐためのご自宅での予防ケアは非常に重要です。
以下に具体的なケア方法を解説いたします。

正しい歯磨き

▶正しい歯磨き

1日3回、食後すぐに歯を磨くことが理想です。
特に就寝前は、念入りに歯を磨きましょう。
歯磨きが難しい場合には、うがいを行うようにしてください。
ブラケットやワイヤーを傷つけないように、力を入れずやさしく丁寧に磨くよう心がけましょう。
当院の歯磨き指導をご活用ください。

フロスや歯間ブラシの使用

▶フロスや歯間ブラシの使用

矯正装置の間や歯と歯の間には、通常の歯ブラシでは届かない部分があります。
フロスや歯間ブラシを使用して、これらの部分の清掃を心掛けましょう。
当院では、お一人お一人に合った補助清掃用具の選び方や使用方法についてご指導させていただいております。 どうぞお気軽にお問い合わせください。

マウスウォッシュの利用

▶マウスウォッシュの利用

マウスウォッシュを使用することで、口腔内をさらに清潔に保ち、バクテリアの繁殖を抑制します。

定期的なセルフチェック

▶定期的なセルフチェック

定期的にお口の中をセルフチェックし、異常が見つかった場合には、次の診察を待たずにすぐにご相談ください。

バランスのよい食事と水分補給

▶バランスのよい食事と水分補給

むし歯や歯周病の予防には、バランスのよい食事と十分な水分補給が大切です。
特に、甘い物は控えめにするようにしましょう。

定期的な歯科検診

▶定期的な歯科検診

ご自宅でのケアだけではなく、定期的な歯科医院での検診やクリーニングも必要です。

矯正治療中は口腔内のケアが一層重要となります。
上記のケアを日常的に行い、矯正治療中の口腔トラブルを未然に防ぎましょう。