information h1

WEB予約 準備中
電話予約
WEB予約 準備中

コラム

コラムCOLUMN

【小児矯正】お口ポカンは歯並びが悪くなる?

こんにちは。
郡山市西ノ内の矯正歯科【RYU矯正歯科クリニック郡山プレミア】です。
 
お子さまがテレビを見ているとき「お口をポカン」と開けていませんか。
お口を開ける癖を続けると、歯並びが悪くなる可能性があります。
 
反対に、お子さまがお口を閉じられないのは、歯並びが悪いからかもしれません。
今回は、お口を開けることと歯並びの関係を紹介します。
 
 

お口ポカンは歯並びが悪くなる

リラックスしたときに、お口を開ける癖「お口ポカン」があるお子さまは、歯並びが悪くなるリスクがあるため早めに改善しましょう。
小さなお子さまが、お口を開けている姿は可愛らしいですが、「口唇閉鎖不全」という病気であることも考えられます。
 
それでは、お口を開けるとどうして歯並びが悪くなるのでしょうか。
お口を開ける状態が続くと、舌が適切な位置に維持できず、舌を出す癖や舌で前歯を押す癖を招くことがあります。
舌の先端が上の前歯の少し後ろにあり、舌全体が上顎にぴったりくっついている状態が適切な舌の位置です。
 
唇を閉じていないため、舌で前歯を押したり、舌を噛んだりすることで、歯並びが徐々に乱れます。
上の前歯が前方にでる強調したい文字「出っ歯」や、奥歯で噛んだときに前歯がかみ合わない強調したい文字「開咬(かいこう)」という悪い歯並びになる可能性があるのです。
 
このような癖は、口周りの筋肉がしっかり発達していないお子さまにみられますが、口周りの筋肉を鍛えることで改善できます。
また、小児矯正をすることで、歯並びを悪くする癖の改善や食べる、飲み込むなどのお口の機能を高めることができるので、ご相談ください。
 


(出典:公益社団法人日本小児歯科学会_ こどもたちの口と歯の質問箱 より) >

 
 

口を閉じないのは歯並びのせい

口を開けることで歯並びが悪くなるリスクを紹介しましたが、反対に口を閉じないのは歯並びのせいである可能性もあります
すでに、歯並びが悪い状態であれば、唇を閉じることが困難になり、口を開けざるを得なくなります。
特に、出っ歯や受け口の方は、前歯が前方に出ているため、「唇に力をいれないと、口を閉じられない……」という方もいらっしゃいます。
 
歯並びが悪いことで、口を開ける癖がつくと、さらに歯並びの悪化を招くでしょう。
そのため、お子さまがお口を閉じないと感じたら、早めに小児矯正歯科に相談するのがおすすめです。
 
 

お口ポカンが気になったら小児矯正のある当院へ

郡山市西ノ内の小児矯正歯科【RYU矯正歯科クリニック郡山プレミア】は、お子さまが楽しく待ち時間を過ごしていただけるように、キッズスペースの完備や絵本、おもちゃを用意しています
お口の状態や治療の説明は、目で見て理解しやすいように、カウンセリングルームのモニターでレントゲン画像やアニメーションを映してお話しいたします。
 
当院は、駐車場12台を用意していますので、お子さまとご一緒に車でお越しいただくことも可能です。
 


当院の矯正治療 >