information h1

WEB予約 準備中
電話予約
WEB予約 準備中

コラム

コラムCOLUMN

【小児矯正】子どもの歯をむし歯から守ろう!~歯並びとむし歯の関係~

こんにちは。
郡山市西ノ内の矯正歯科【RYU矯正歯科クリニック郡山プレミア】です。
 
「子どもの歯をむし歯から守りたい」というのは、保護者の皆さま共通の願いですよね。
それなら、むし歯になる前からお子さまを歯医者デビューさせて、予防ケアを受けてみませんか?
じつは、むし歯を予防することで、よい歯並びをめざすことができるのです。
 
今回は、むし歯を予防する方法と、むし歯になると歯並びにどのような影響があるのかを解説します。
 
 

むし歯を予防する方法~定期検診とフッ素塗布~

むし歯から歯を守るために、当院で行っている予防方法を紹介します。
 

定期検診

むし歯になってから歯医者に通院するのではなく、むし歯を予防するために歯医者に通うことからはじめましょう。
歯のクリーニングに通うことで、定期検診を受けられるので、むし歯の予防はもちろん、歯並びに異常はないか、健全な顎に成長しているかなどをチェックすることが可能です。
 
中でも、歯をクリーニングすると「さっぱりした」「気持ちがいい」という印象をお子さまに持っていただけることは、とても意味のあること。
そのような印象がつくと、「歯医者はすっきりするところ」「歯医者にまた行こう」とスムーズに通院するようになってくれるのもメリットのひとつです。
 

フッ素塗布

フッ素塗布とは、歯の表面にフッ素を塗ってむし歯の予防をする方法です。
フッ素塗布をすると、

1.むし歯に強い歯に育てる
2.むし歯菌の活動を抑制する
3.初期のむし歯を治癒する力を促進する

これらのことが期待できます。
 
乳幼児に定期的にフッ素塗布した結果、むし歯をほぼ半分に減少させたとの報告があります。
ただし、1回ではなく年に2回以上はフッ素塗布を受けることで効果を期待できるでしょう。
 
特に、生えたばかりの乳歯(子どもの歯)や永久歯(大人の歯)は、歯の表面がやわらかいため、むし歯のリスクが高いことがわかっています。
そのため、フッ素塗布を行い、むし歯に強い歯質に育てましょう。

 


(出典:厚生労働省e‐ヘルスネット_ フッ化物歯面塗布 より) >

 

 

むし歯になると歯並びにどのような影響があるの?

乳歯がむし歯になると、歯並びが悪くなるリスクがあります。
理由は、むし歯で乳歯を早期に失うと、隣りの歯が移動したり、倒れこんだりして歯並びがガタガタになるからです。
 
また、永久歯は乳歯を目印に生える位置を決定します。
そのため、乳歯をむし歯により早期に失うと、永久歯は適切な生える位置を見失い、思いもよらぬ位置から生えてくることがあるのです。
 
さらに、むし歯が進行して歯の根っこの先に膿ができると、下から生える永久歯がむし歯になるリスクが高まります
膿が溜まったところから永久歯が生えるため、むし歯菌に永久歯がさらされるリスクがあるからです。
乳歯だからこそ、将来のお口の健康を考えてむし歯を予防することが大切なのです。
 
 

よい歯並びのためにお子さまの歯をむし歯から守ろう

郡山市西ノ内にある歯科【RYU矯正歯科クリニック郡山プレミア】は、定期検診やフッ素塗布により、お子さまの歯をむし歯から守るサポートをいたします。
むし歯と歯並びは関係性が深いため、予防ケアを行いよい歯並びをめざしましょう。
当院は、駐車場12台を用意しています。
土日も診療をしていますので、お子さまとご一緒にご都合のよい日にお越しください。
 


当院へのアクセス >